レザークラフト

簡単、レザー三角コインケース作成してみた

どうも、ファン太です。

 

今日は簡単に作れる三角コインケースの作成風景を記事にします。

レザークラフトをはじめた方、興味のある方など、

革製品ってこうやって作られるんだよーっていうのを伝えられたらいいなと思います。

三角チョコパイ!

 

使用する材料

…厚さ2mmを使用します。

バネホック2組大サイズを使用します。直径13mm

 

使用する道具

①ハンマー…穴あけに使います。

②トコフィニッシュ…革の角やふちの仕上げに使います。

③ゴム板…穴あけに使います。

④カッター…革を切る時に使います。

⑤目打ち…革にしるしをつけます。

⑥銀ペン…革にしるしをつけます。目打ち、銀ペンどちらかでも問題ないです。

⑦コーンスリッカー…革の角やふちの仕上げに使います。

⑧ハトメ抜き 10号、18号…穴あけに使います。

⑨ホック打ち(大)…ボタンの取り付けに使います。

⑩万能打ち台…ボタンの取り付けに使います。

⑪定規…革を切る時に使います。

 

作成風景

革のカット

革を切る場所のしるしをつけます。

しるしにそって切っていきます。

まずは直線を切ります。

カーブラインは残しました。

カーブラインを切ります。

ここでポイント。

カーブは硬貨を使用するときれいなカーブで切ることができます。

今回は1円玉を使用していますが、10円、100円、500円など、大きさによって変えても使えると思います。

革を切り終えました。

革のカット完了!

 

磨き

コーンスリッカートコフィニッシュを使います。

革の底面、角とふちを磨いていきます。

底面を磨きます。

シャカシャカ。

角とふちを磨きます。

シャカシャカシャカシャカ。

革の磨き完了!

 

穴あけ

穴あけをしていきます。

革につけたしるしにそってハトメ抜きを使って穴をあけます。

ハトメ抜きをまっすぐと置き、上からハンマーでたたきます

ハトメ抜き10号を使用。

ハトメ抜き18号を使用。数字が大きいほど大きい穴をあけることができます。

合計で4箇所穴をあけました。

革の穴あけ完了!

 

ボタン取付

先ほどあけた穴にバネホックをつけます。

 

凸部分

ボタン上部 革 ボタン下部 になるようにセットします。

ホック打ちをまっすぐと置き、上からハンマーでたたきます。土台に万能打ち台の平らな部分を使用します。

取り付けには結構力が必要になります。ゆるく固定すると外れることがあるので、しっかりと固定します。

 

凸部分取り付け完了!

 

凹部分

ボタン上部 革 ボタン下部 になるようにセットします。

ホック打ちをまっすぐと置き、上からハンマーでたたきます。土台に万能打ち台の凹み部分を使用します。

こちらも先ほど同様に、取り付けには結構力が必要になります。ゆるく固定すると外れることがあるので、しっかりと固定します。

凹部分取り付け完了!

 

組立

最後にボタンをとめて完成です。

折ります。

背面のボタンをとめます。

前面のボタンをとめたらー・・・

完成です!

 

スタンプを押してみました。

 

レザークラフトの基本の練習にもってこい

三角チョコパイの群れ

材料は革とボタンだけ。レザークラフトを最近始めた方にとても良い練習になると思います。

革を切る磨く穴をあけるボタンを付ける

この工程は色々なレザークラフトで使うと思うので、ぜひ試してみてください。

レザークラフトをやったことがないよーって方も、やってみようかなって思っていただけたら嬉しいです。

 

 

ではこのへんで。

ABOUT ME
ファン太
ファン太
魚釣りが好き。 レザークラフトが好き。 音楽が好き。 大好きな趣味がある生活で日々を豊かに!