豆知識

ファン太がファンタの豆知識を10個紹介してみた

ファン太がファンタの豆知識を10個紹介してみた

ファンタの豆知識を知りたい…」

「もっとファンタについて知りたい…」

「なんでこんなにファンタのことが好きなんだろう…」

と思いながら生活していませんか?

 

この記事では、あなたにファンタの豆知識を10個紹介し、いつでも話せる雑学にしてみせます。

いつでも話せる雑学のネタになるので、1つでも多く覚えていってください。

 

というわけで今回はファンタの豆知識を紹介します。

ファンタの豆知識を紹介!

ファンタの豆知識を紹介!-h2

ファンタの豆知識には驚くことがいくつかあるかもしれません。

学校では教えてくれないファンタの豆知識を是非覚えていってくださいね!

 

ファンタの生まれはドイツ

ファンタは第二次世界大戦中の1940年、ドイツで誕生しました。

 

ファンタはコカ・コーラの代用品だった

ファンタが誕生する前、ドイツではコカ・コーラが大人気の製品でした。

しかし、第二次世界大戦時中はコカ・コーラを製造するために必要な原材料が不足してしまいました。

そこで、コーラの代用品を作ろうとして開発されたのがファンタだったのです。

コーラの豆知識を10個紹介してみた-アイキャッチ
コーラの豆知識を10個紹介してみたコーラの豆知識を10個紹介します。豆知識は意外と雑談ネタになります。いつでも話せる雑学のネタになるので、1つでも多く覚えていってください。...

 

ファンタはコーラと果汁を使って作られた

当時のファンタは現在のファンタとは作り方が違います。

果汁入りのオレンジジュース : コーラ : レモンジュースを、0.375 : 0.375 : 0.25の割合で混合して開発されました。

当時作られたファンタは、ドイツ人の間ではシュペツィ(SPEZI)という名前で今もなお愛されています。

 

ファンタが日本で販売開始されたのは1958年

日本で初めてファンタが販売開始されたのは、第二次世界大戦終結後の1958年のことでした。

 

ファンタは3種類のラインナップだった

日本で販売開始された当初、発売された味は『オレンジ』『グレープ』『クラブソーダ』の3つ。

15種類以上あった候補の中からこの3つが選ばれ、いずれも200ml瓶のリングボトルで発売されました。

 

ファンタのレモン味はスプライト

1961年に『7Up』に対抗するため、ドイツ国内で販売されていたファンタのクリアレモン味『スプライト』という名称で販売しました。

これが現在でも販売が続けられている『スプライト』の始まりです。

 

ファンタの名前の由来はドイツ語

名前の由来は、ドイツ語のFantasie (想像力)から。

「想像力(Fantasie)を使って考えろ!」

と言われたのに対し、

「Fanta!」

と答えたことで、ファンタという商品名になりました。

 

ファンタとコーラではファンタの方が糖分が多い

ファンタとコーラで500mlの糖質を比較します。

ファンタは糖質約60g、3gスティックシュガー20本分

それに対しコーラは糖質約56g、3gスティックシュガー19本分です。

 

ファンタは100種類以上の期間限定フレーバーを発売している

ファンタは定番の2つの味『グレープ』と『オレンジ』以外に、期間限定で100種類以上の味を出し続けています。

その中で一番人気があったのは1974年に発売された『レモン』。

現在のスプライトに似た味のファンタです。

また、2010年には『もぉ~もぉ~ホワイト』という名のファンタが登場。

このファンタは初のカルシウム入り乳性炭酸飲料でした。

 

ファンタは合成着色料や合成香料が不使用

過去には合成着色料や合成香料が使われていましたが、現在販売されているファンタには使用されていません。

2009年に合成着色料不使用に変更、2011年に合成香料不使用に変更されました。

 

ファンタの豆知識を覚えて話のネタにしよう!

ファンタの豆知識を覚えて話のネタにしよう!-h2

以上、ファンタの豆知識の紹介でした。

ファンタの豆知識は何気なく生活していたら知ることのないことばかりだったはず。

もしに話のネタに困ったら、ファンタの豆知識を披露してみるのも良いかもしれません。

きっと話のネタになりますよ。

何気ない雑談に使ってみてくださいね!

ぜひお試しを!

 

ではこのへんで。

ABOUT ME
ファン太
ファン太
魚釣りが好き。 音楽が好き。 レザークラフトが好き。 大好きな趣味がある生活で日々を豊かに!