魚釣り

冬の釣りと言えばワカサギ釣り!寒さに耐えてワカサギの天ぷらを食べよう!

どうも、ファン太です。

 

今日は冬の湖で釣れる魚を紹介します。

後ほど記載する、漢字の由来には驚きました

極寒な場所にいる魚です。

人間にはとてもじゃないですが、そんな寒い水中には長居できません。

 

ワカサギさん。

 

ワカサギの名前の由来

漢字で書くと公魚です。

『公魚』

漢字の由来

漢字の由来は、公儀御用魚とされていたから。

徳川11代将軍の徳川家斉に年貢としてワカサギを納めていたそうです。

年貢として魚を納めていたことがあったんですね。知っていた方は少ないのではないでしょうか。

徳川と言えば、米のイメージなんですよね。

魚を年貢分集めるの大変だっただろうな、という印象です。

ワカサギの釣り方!極寒の座り釣り!

ワカサギ釣り。めちゃくちゃ寒いです。冬の釣り、過酷なんです。

釣りに行かれるときは、寒さ対策をしっかりとしていってください。どれだけ寒さ対策をしても寒いんですけどね。たくさん着込んで、少しでも寒さを和らげましょう

ワカサギ釣りと言えば、氷を削って釣りをしているイメージがあるかもしれません。氷上の釣りではなく、湖の桟橋の上で釣ることもできます。

釣り道具

アジ釣りのサビキと仕掛けが似ています。

先端におもりがあり、針が複数ついています。

群れでいる魚には、この仕掛けです。

道具は、小さめがオススメです。コンパクトに収納でき、扱いが簡単です。

 

エサは、紅サシか赤虫

紅サシとは…ハエの幼虫。それを食紅で染めたもの。

赤虫とは…アカムシユスリカの幼虫。

うげぇ、と思った方もいるかも知れないですね。

最初はエサに抵抗あるかもしれません。

おいしい魚を入手できるんだ、と暗示しましょう!

釣り手順

  1. 針先にエサをつけます。
  2. 足元に落とします。
  3. 海底まで沈めます。
  4. 竿を大きく動かさず、小さめにチョンチョンと上下に動かします。
  5. 上下に動かすのをたまにとめます。
  6. 竿がぷるぷると震えたらリールを巻いてください。

ワカサギの天ぷらをたくさん食べよう!

たくさん釣って、てんこ盛りの食事を作りましょう。

運が良ければ100匹以上釣れちゃうんですよ。

以前釣ったワカサギの写真です。1日で70匹前後くらいだったと思います。

ワカサギは天ぷらにするのがおススメです。

たくさん釣って、調理の手間があると結構大変だったりするんですが、ワカサギなら安心です。

小さい魚なので、鱗や内臓も気になりません。

そのまま調理していただいて問題ありません。

調理の手間も少ないのもありがたいです。

たくさんのワカサギの天ぷら、おいしいですよ。

皆様もぜひ冬の釣り。体験してみてください。

 

私の住んでいる東海地方付近でオススメの釣り場を紹介します。

 ↓滋賀県の余呉湖

http://www.ozatoya.co.jp/yogo_report/yogo_wakasagi_report.html

 

 

ではこのへんで。

ABOUT ME
ファン太
ファン太
魚釣りが好き。 レザークラフトが好き。 音楽が好き。 大好きな趣味がある生活で日々を豊かに!