魚釣り

マス釣り!川で釣れる寒さに強い魚!塩焼きが美味しすぎる!

どうも、ファン太です。

 

今日は冬の川で釣れる魚の紹介をします。

私の住んでいる岐阜には海がないんですよね。

家の近くでも釣りがしたい!そんな時に見つけた川魚です。

 

マス様。

画力上がってきました。

マスの名前の由来

漢字で書くとです。

『魚尊』

漢字の由来

漢字の由来は『尊』が表しています。

  1. 細長い酒壺の形をした
  2. かっこうがいい

名前の由来

名前の由来は色の赤さ、味、大きさ、繁殖力が『増す』ということから。

ラーメンでも『マシマシ』という言葉がありますよね。

マスの成長度が普通でなかった場合、『マスマス』になっていたんでしょうか?

マスの釣り方!スプーンというルアーで釣ります!

マスはスプーンというルアーを使います。

マスは状況によって、スプーンの色に対する興味が変わります。

そのため、色々な色のスプーンが存在します。

マスは気分屋さんですね。

釣り道具

先ほど紹介したスプーンを糸の先に結びます。

好きな色を選びましょう。

明るめの色暗めの色を準備していくと良いと思います。

釣り手順

  1. スプーンを糸の先につけます。
  2. 投げます。
  3. 一定の深さを保つように巻きます。

スプーンの通り道を、一定の深さで維持することが重要です

これがまた難しいんですよね。

早い浮いてしまい遅い沈んでしまいます

マスの塩焼き!かぶりつき!

魚釣り後のお楽しみ、食べることです。

塩焼きでいただきましょう。

塩を付け、焼きます。

あっさりとした白身魚で癖はなく、食べやすいです。

身はホクホク、ふわふわです塩が良いアクセントになります。

夏場はキャンプやバーべキューで串焼きにして食べるのも良いですね。

骨は、あまり気にならないので、

豪快にかぶりついちゃいましょう

ぜひ、お試しを!

 

岐阜でオススメの釣り場がありますので紹介します。

景色がいい木曽川にマスが放流されています。

釣った魚はすべて持ち帰れますよ。

 ↓北方マス釣り場

https://kawaturitaikenjyou.on.omisenomikata.jp/

 

 

では、このへんで。

ABOUT ME
ファン太
ファン太
魚釣りが好き。 レザークラフトが好き。 音楽が好き。 大好きな趣味がある生活で日々を豊かに!