日めくりカレンダー

みやざきマンゴーの日

2019年5月25日

今日は宮崎マンゴーの日。

由来は、日付の525(マンゴーニッコリ)という語呂合わせと、宮崎産マンゴーの出荷が最盛期にあたることからこの日が制定されました。

この日は、JA宮崎経済連の宮崎県果樹園復興強化議会亜熱帯果樹園部会が2014年に制定したものです。

JA宮崎経済連の宮崎県果樹園復興強化議会亜熱帯果樹園部会

JA宮崎経済連の宮崎県果樹園復興強化議会亜熱帯果樹園部会

JA宮崎経済連の宮崎県果樹園復興強化議会亜熱帯果樹園部会

なんだか早口言葉ができそうな名前ですね。

 

さて今日は、マンゴーの豆知識でも書いてみましょう。

・世界中のフルーツ生産量5位。

・マンゴーはウルシ科。かゆくなったり、赤く腫れる人もいる。

マンゴーの受粉はハエがする。

・マンゴーを育てるポイントは花を咲かせること。

・マンゴーの花は3ミリほどの小さい花。

一番の驚きは受粉をするためにハエが活躍するということです。

受粉はミツバチが想像される方も多いと思いますが、マンゴーの場合はハエなんです。

理由は暑さが関係しているようです。マンゴー原産地は熱帯地域です。熱帯地域では、暑さでミツバチは活動できなくなってしまうのに対し、ハエは30℃を越えても活動できる昆虫だそうです。そのおかげでハエが活躍しているんですね。

また、マンゴーの花はハエを呼び寄せるために腐敗臭がするだとか。

これらがマンゴーとハエの関係性です。これには驚きましたね。

さてさてこのへんで。

 

今日も1日楽しみまっしょー!

ABOUT ME
ファン太
ファン太
魚釣りが好き。 レザークラフトが好き。 音楽が好き。 大好きな趣味がある生活で日々を豊かに!