魚釣り

新鮮な魚の入手法!それは自分で釣ること!魚釣りに必要な道具を紹介!

どうも、ファン太です。

 

今日はみなさんに新鮮な魚の入手法を教えたいと思います。

それは『自分で釣ること』

 

魚釣りのススメを書いてみます。

 

新鮮な魚が欲しくなったら魚釣り!

日本は島国です。海に囲まれていますよね。

たくさんの食糧が海にいます。

 

スーパーや魚屋さんにたくさん並んでいる魚たち。そこへ行って買わなくても調達できちゃうんです。

 

直前まで泳いでいた新鮮な魚を食べることができるのが、釣り人の特権です。

 

「魚釣りってやってみたいけど、難しそう…」結構耳にしますが、結構簡単です。

 

『魚釣りってどうやってやったらいいのかわからない』という疑問について、

魚釣りをしたことない方にもわかりやすいように簡単に説明していきます。

 

魚釣りに必要な道具は?

魚釣りに必要な道具は以下の3つだけです。

  • ロッド
  • リール
  • 仕掛け

 

ロッド

釣り竿です。

魚が釣れた時はこのロッドが ぐぐぐ・・・ と曲がります。

魚が泳いでる感覚が手に伝わります。

『ガツンガツン』『ピクピクピク』魚によってロッドの動きが異なります。

 

リール

糸を巻く道具です。

糸がグルグルと巻かれています。

手芸などされる方にわかりやすく言うと、『ホビン』のようなものです。

糸を出して、また巻き取ります。

魚を釣って、釣り手のほうに引き寄せます

 

仕掛け

魚を釣る為の仕組みです。

魚をひっかけるために、針を付けます。

針先エサやルアー(エサのように作った偽物)をつけて、食べさせます。

また、おもりやウキ(水に浮かせる道具)で、水の中で沈めたり浮かせたりという工夫をします。

 

3つの道具を準備して魚釣りをしてみましょう

いかがでしょうか?

魚釣りをやってみたいという方は、まず以下の3つを用意しましょう。

  • ロッド
  • リール
  • 仕掛け

そのほかの小物に関しては、魚釣りをしながら学んでいけばよいと思います。

釣具屋さんも親切に教えてもらえるので、どんどん聞いちゃいましょう。

 

以前釣った魚の写真をどうぞ!

釣った鯛の塩焼きです。

メデタイ!

 

これを機に魚釣りしてみませんか?
新鮮な魚は絶品です!

 

 

ではこのへんで。

ABOUT ME
ファン太
ファン太
魚釣りが好き。 レザークラフトが好き。 音楽が好き。 大好きな趣味がある生活で日々を豊かに!